« パン?ですか? | トップページ | ゴクっと、さわやか? »

2008年4月 9日 (水)

そらあ 逃げるだけだわなあ

 日曜日の話ですが、話題の映画「クローバーフィールド」を観て来ました。

 感想はさすがにハリウッド、あんなとんでもない話をリアルに見せるとは

たいしたもんですが… 訳わかんな過ぎて、面白いかといわれると…wobbly

ちょっとねえ…

 まあ、他の怪獣映画みたいに突然現れた怪物の名前を知ってたり、

2~3時間程で科学者が弱点見つけて退治しちゃうような事がない分

リアルなんですが、そこら辺の情報がまったくなく、ひたすら逃げまわる

(彼女を助けにいくんですが)だけなので、ストーリーとしては、はっきり

言って面白くないです。

 アメリカ人には面白いんでしょうかねえ?「ゴジラ」で育った日本人の

私には怪獣映画の面白みっていうのはやっぱり「怪獣VS防衛軍」の

ドンパチなんでしょうね。

 以下、ネタバレ?(するほどの複雑な話ではないと思うんですが…)

なので注意をしてね。

 簡単にいえば 突然、海から現れた超でっかい「巨神兵」もどきの

怪物(火は吐きませんが)がNYを襲い(何でか知りませんがいきなり

ビルが爆発します。)その身体から小型の「レギオン(幼態)」もどきの

怪物(毒持ってるみたいでかまれるとやがて死んじゃいます)を落として

NYの人々を襲います。「巨神兵もどき」はNYをあちこち行ったりきたり

して人々を襲い(人を食べるらしいです。撮影者も喰われちゃいます。)

橋を壊して脱出路を奪い(賢いのかも?)NYを瓦礫の山に変えていきます。

米軍も戦闘機、戦車(あの仰角では下半身にしか当たらないような気が…)

等で攻撃をしかけますが(歩兵がアサルトライフル撃ってますが、効くわけも

なく…)まったく通じません。最後の手段として大規模爆撃を使いますが…

一方、主人公はいきなりの大惨事に兄(最初こっちが主役だと思ってました)

を奪われ、一旦はNYを脱出しようとしますが「彼女」からの携帯電話での

助けを求める連絡をうけ、怪物の蹂躙する街へ救出に向かいます。

(なぜか、みんな付き合いがよく、(さっさと脱出すればいいのに)なんの装備

もなく(ハンディカム1台のみ)でついて行きました。)

 途中、戦闘に巻き込まれたり、地下鉄で「小型レギオン」に襲われたりして

やっとのことで「彼女」を救出しますが…ヘリコプターによる脱出に失敗し、

次々に仲間を失い、セントラルパークの橋の下に追い込まれ遂に軍の大規模

爆撃の時間を迎えます。そして…「今日は良い一日だった」

 「クローバーフィールド HAKAISYA」  

(2007年 米作品、監督 マット・リーブス ) 全国シアターで上映中

|

« パン?ですか? | トップページ | ゴクっと、さわやか? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
自分はまだ未見ですが以前雑誌で正体のイラストがのってあり確かチュパカブラを崩した感じだったような・・・
アメリカの怪獣映画って怪獣が細身ですよねw
あっ・・・日本の怪獣が寸胴なだけか・・・。

投稿: ゴトひろ | 2008年4月14日 (月) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110536/20226256

この記事へのトラックバック一覧です: そらあ 逃げるだけだわなあ:

« パン?ですか? | トップページ | ゴクっと、さわやか? »