2009年6月29日 (月)

マイケル・ジャクソン

 マイケル・ジャクソン(さん)が亡くなったらしいです。

 …が はっきりいって 彼の曲は 「スリラー」「BEAT IT」「BAD」の3曲しか

 知りません。

 あとは…

 セガのハングオンの筐体もらったこととか、MIBでエージェントMの座を

狙ってた、とかぐらいです。

 そういえば、最近 エンタの神様でまね?してた芸人さんがいたけど、どう

なるんだろうか?

 あと、アル・ヤンコビック はどうしてるんだろ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

なさけねぇなあ 自民党  (´・ω・`)ショボーン 

 東国原知事に あそこまで言われて、

     ふざけんなよ、この野郎!

            ぐらい言い返せないのか 古賀さん!!

  

 まったく、情けないにも程がある。

 まあ、私は 自民には入れないけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

それでもいいと思うけど…

 臓器移植改正法?が衆議院で可決 ってニュースがありまして

そのなかで 脳死が人の死ということになるらしいんですが、

個人的には まあ、それでもいいかな とはおもうんですが…

 脳死=死 ということが 臓器移植法で決められてしまったのは

マズいんじゃないかと思うなあ。あからさまに臓器移植のために

脳死=人の死にしました って感じがみえみえで…

 少々時間がかかっても 脳死問題は臓器移植とは別の法律で

決めた方が良かったと思う。

 個人的にはあまり移植にいいイメージをもってないからね。

 生体間移植や骨髄移植はともかく、ほとんどの場合は提供者は

死んじゃってる訳だし、移植を求めるってことは 他の誰か死なない

かな~ って希望しているように感じる。

  まあ、不幸にして亡くなった方により、他の命が助かる事は良い事

だと思うけど。

 宇宙ステーションができるような時代なんだから、他の手段で

なんとかならないものだろうか? がんばれ科学の力!

 ちなみに私もドナーカードは持ってます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

無理やり教育しても

 また文部化学省が「愛国心」についての教育に力を入れようとしているらしい

ですが、そもそも「愛国心」などというものは強制でも教育でもなく、「愛される

国、尊敬される国」に対して自然に芽生えてくるものであり、「愛国心」を持たれ

ないというのは「国」自体に問題があるからなのではないですか?

 国民の要望を無視して自分の地位や財産を肥やすことばかり考えている

政治家、税金を無駄遣いして財政を破綻させた挙句にだれも責任をとらない

公務員や団体、独立国なのに他国の不法行為に文句一つも言えない大臣、

 こんな政治や行政の破綻した国を「愛せ」といったところでできるわけが

ありません。

 去年、スペイン国王の一言の台詞が国民の絶賛をうけた出来事がありま

した。国王が一国の代表として自国の国民の代表である大臣が受けた侮辱

に対して毅然とした態度で反論し、国としてのプライドを守ったからではないで

しょうか?

 日本ではどうか?自国の国民が誘拐されているのにもかかわらず文句も

いえない。守れない公約ばかり口にしてあとで解釈の問題とかでごまかす。

 国の代表としてのプライドがあるのかあの連中は?

 東大でていようが国家公務員一種受かっていようが、選挙で当選してようが

政治家も公務員も国民のために尽くす「公僕」であることを自覚してください。

 せっかく他国に誇れる四季や自然の風景があり、海外でも評価される程の

独自の言語や文化を持っていても、あんな政府ではまさに「国家の品格」が

疑われます。

 「愛国心」を育むのに本当に必要なことは 無理やり「君が代」を歌わせる事

でも、「日の丸」を掲げせることでもなく、まず「愛するのに値する国造り」を行う

ことであると思います。

 

 さて話は変わって、今年から? 漫画作品の直木賞にあたる賞ができまして

 その第一回マンガ大賞受賞作が このブログで以前、紹介させていただいた

 「岳」 (石塚真一 作、ビッグコミック連載中、小学館、1~6巻発売中)

 になりました。私の好きな作品が受賞ということで私も嬉しいです。

 おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)