2011年1月15日 (土)

今日の ハルク!!

2011011516170000_2

 ハルク像です。 静岡県の映画館 藤枝シネプレファーゴのロビーにありました。

 でっかいです、強そうです。

 わざわざ、静岡まで行って、「デスカッパ」観に行きました。

 おふざけが過ぎてますが… 「大日本人」より、面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

今日の… V3 !!

 先日、「仮面ライダーオーズ」のメダルセットを買いに行った事をかきましたが…

 あまりに、ヒーロー物の玩具が多いので、ヒーロー、アイテムに頼り過ぎでは…

と知り合いと話していた所、今のライダーはそんなもんと言われました。

 いや!僕らの仮面ライダー(ヒーロー)はそんなんじゃなかった!!

 鉄球を受け止め、崖から飛び降り、大木を蹴って、必殺技を編み出すのが

 ヒーローだ!!!

 と言う訳で、己の肉体ひとつで戦う、本当の「仮面ライダー」を観せてやるっ!!

 自宅から発掘してきたのがこれ↓

P1000127

「仮面ライダー THE NEXT」 (2007年)だ!!

 ホラーチックな脚本は、まあ、おいといて

 アクションシーンの格好良さ、パンチ・キックで戦う殺陣が最高!!

 さらに、旧作をリファインしたライダー(特にV3!!)の造詣もメチャカックイ~!

 …んで、あっさり、持ってかれました…

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

今日の…映画!!

 「機動戦士ガンダム00 劇場版」 観にいってきました…が?!

 いや…これ、ガンダムなのか?

 異星人?なんか出しちゃっていいのか?

 まあ、不死身のコーラサワーが出てたからいいか!! 

P1000133

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

ごめんなさい

 映画「サマーウォーズ」 いや~超面白かった。

 内容はわかりにくいところもあったが…家族っていいなあ。

 はっきり言って、封切り3日前までは、全然期待してませんでした。

 「ごめんなさい」

 しかし、まあ、あんな田舎?(上田市って都会か?)で老若男女が

携帯だのゲーム機だので「アバター」作ってるって…

 そして、流石はベテラン!「永井 一郎」!!

 いや~ いい演技してるわ!! がんばれ 男衆(しかも、ちょっと変?

なところのある奴ら(主人公含む)ばっかです。) って感じ。

 

 アニメ映画 「サマーウォーズ」

    監督 細田 守  キャラデザ 貞本 義行  主題歌 山下 達郎

    出演  神木 隆之介、桜庭 ななみ、富司 純子、永井 一郎 他

 全国の映画館で上映中!! 君は二千桁超の暗算で世界を救えるか? 

 やっぱり、鉄拳制裁か? それとも世界を懸けて 「○い○い」か?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月30日 (火)

(*^ー゚)bグッジョブ!!

 「飛び出せ科学くん」というテレビ番組で風船カメラで地球を観よう(だっけ?)

という企画をやっていた。

 高高度用の風船にハイビジョンカメラをつけて3万メートルまで上げて、落ちて

きたところを回収して映像を見るという企画だったが…

 その映像は…

 すげ~ 感動した。アニメなんかでよく描かれる大気圏あたりのリアルな映像が

そこにあった。

 地球は丸く、大気は碧く輝いていた。

 とっても綺麗だった。

 バラエティとは思えない結果に

 グッジョブ TBS!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

あのテーマ曲、聴くだけで泣けてくるのに…

 ドラマ「白い春」が最終回をむかえました。

 阿部寛 ファンの私は第一話から欠かさず観ていましたが…

 なんで あそこで 刺されちゃうんだよ!  

                            o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

 せっかく 阿部さんと遠藤さんが良い演技でハッピーエンドに向けてたのに

 誰だ? あんな へぼ脚本書きやがった 馬鹿は!

 いいじゃねえかよ、ハッピーエンドで…

 とはいえ、さすがは 阿部 寛!  (・∀・)イイ! 

 刺されつつも 遠藤さんを庇う演技は 泣けた!

 でも…墓参りのシーンでは 誰も悲しんでないし、あまつさえプロポーズを

始める始末…  あんまりだ。

 刺すんならせめて、3話くらいまえから 伏線を張っておけよ!!

 

 DVD化するなら、真のエンディングに変えるか、ラスト15分カットしてくれ!

 阿部さん、遠藤さんの次回作にも期待だ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

さあ、はじまるぞ!!

 オリンピックも遂に終わってしまいました。 となると お次はパラリンピック

の開催ですね。

 さまざまなハンデをもったアスリート達の活躍の場がやってきます。

 今日の一品はパラリンピック競技のひとつである「車椅子ラグビー」の

ドキュメント映画作品「マーダーボール」です。あまり馴染みのないスポーツ

ですが、「車椅子バスケット」を格闘技と例えるなら、この「車椅子ラグビー」は

使用する車椅子(まるで装甲車)のイメージもあり、まさに戦車戦という

感じの激しいスポーツです。

 そんな激しいスポーツに挑むのは、これも肉体のハンデなど物ともしない

熱いハートをもった連中です。作品は アメリカチームの代表選手「マーク・

ズパン選手」をメインにライバルのカナダチームとの世界選手権までの

戦いをそれぞれの選手、監督の生い立ちや日常を交えて描いています。

 「車椅子バスケット」や「車椅子テニス」に比べると知名度も少なく、ニュース

に出ることもほとんどない、マイナー競技ですが、日本代表チームも勿論

参加している(映画にも紹介程度ですが出ています。)競技です。

 この作品を機会に この「健常者でもビビるくらいの激しく、熱い戦い」が

もっとメジャーになってほしいものです。(せめて、結果くらいニュースで

放送してよ。(^。^;) )

 ドキュメンタリー映画

  「マーダーボール」

         2005年 アメリカ作品 

       身体のハンデなど感じさせないリアルスポ恨ムービー です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

ギララ 復活!!

 映画「ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一髪」を観にいった。

 あの松竹唯一の怪獣「ギララ」が復活するのである。これは観にいかねば…

ということで、朝一9時半頃に映画館にいくと…なに?すごく人(子供?)が多い。

 なんと、臨時のチケット売場までできている、まさか、みんな「ギララ」を……

というハズもなく、ほとんど「ポニョ」を観に来てるようだった。

 チケット売場で怪訝な顔をされつつもチケットを購入する。劇場内に入ると

30人ほど客が入っているが、怪獣映画というのに子供の姿がまったく見当たらない。

 やっぱ、みんな「ポニョ」か、おそるべし「ポニョ」。

 内容については、詳しくは触れないが 各国の国際協調(サミットですから…w)

や環境問題(洞爺湖ですから…w)、北朝鮮問題(「日本以外全部沈没」と同じ…w)

、エロスあり(仏大統領 w)、バイオレンスあり(ボロニウム210(元KGB暗殺に

使われた毒物)毒殺作戦 アンド VX有毒ガス作戦 …w)、加藤夏希の「コマネチ」

あり、とどめに「タケ魔人」出現と盛りだくさんで楽しめた。とくに「タケ魔人VSギララ」

はCGをほとんど使わない、いわゆる「怪獣プロレス」が繰り広げられて、最近の

CGだらけの特撮に飽きてきていた私にはまさに「こういうのが観たかったんだよ!」

という感じで、より楽しめた作品でした。

 特撮映画

  「ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一髪」

  監督 河崎 実、出演 加藤 夏希、加藤(ドレイク)和樹、黒部(ウルトラマン)進、

  中田(キャプテンウルトラ)博久、古谷(ソガ隊員)敏、夏木 陽介、なべやかん、

  リリーフランキー、みうらじゅん、水野(シベ超)晴郎(本作品が遺作) 他

  さあ、みんなも「ネチコマ、ネチコマ…」お祈りだ~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

そんなに怒らんでも

 ちょっと前に話題になった映画「靖国」を観て来ました。

 朝9時に今池駅に着いて、映画館を探します。う~ん、見つからない。

10番出口から徒歩5分くらいのはずなのに、看板すら見えない。

 まだ、時間が早いから周辺のお店も開いてないし…と歩き回っていると

トイレにいきたくなったので仕方なく、開いていたパチンコ屋に入って用を

足した。しかし…誘惑に負けてちょっと?だけパチンコを (笑)

 4千円ほど打ち込んだところで、アスカまできた~槍でた~シンジ君の

逃げちゃだめだ演出~初号機吼えた~と大騒ぎでしたが…あっさり外れ(泣)

 5千円負けたところで店を出る。10時になっていたので開店した本屋で

「ぴあ」を立ち読みして映画館の場所を確認。現地に向かうと…ありました。

小さな看板が、さっき通った方向からは見えない位置に(;^。^)

 まあ、ミニシアターだとは思っていましたが、ビルの2階にあるようです。

 階段をのぼるとすでに開場30分程前にもかかわらず、10人ほどの行列が

できていました。通路には冷房が来ていないので暑かったのですが、並んで

待つこと30分(そらあ そうだわなあ)開場されて、入場料を払い、ついでに

パンフレットを購入しました。100人くらいの小さい映画館ですが、まだ15人

くらいしかいません。まあ、平日の昼間だしねえ~と思っていると、上映時間

が近づくにつれて次々と入場者が…(殆どが白髪頭のおじ(い?)さん、おば

(あ?)さん)席があっという間に埋まっていきます。(多分、場内で一番年下

は私っぽい)

 時間になり、先ずは予告から…ドキュメンタリー映画中心なのか、米軍の

実状を描いた「アメリカばんざい!」やコーヒー農家を描く「おいしいコーヒー

の真実」等、興味をそそる予告編が流れたあと、ついに本編に…

 内容はというと、まあドキュメンタリーなので 靖国神社に奉納する刀である

靖国刀を打つ刀鍛冶(なんと92歳とのこと、弟子もいないので一人で打って

いるみたいです。)の姿とインタビュー、8月15日の靖国神社の様子、合祀

に反対して分祀をもとめる外国人の様子等が捉えられています。インタビュー

や後半に挿入される軍刀による処刑の写真など若干、反日的と捉えられる

場面もありますが、右翼が組織だって騒ぐほどでも国会議員が問題視する

程(この検閲まがいのやり方のほうが問題でしょう。)のことはないと思いま

した。簡単に言えば、刀の作り方(玉鋼から作ってますんで参考になります)

と靖国神社の慰霊祭の様子(若干、ハプニングはありますが…)が写しだ

されるだけですよ。

 刀鍛冶の方もインタビューに「もう戦争は、繰り返しちゃいかん」と答えて

ますし、ラストで「水戸光圀」の国と刀を歌った「たやすく汚すな日本の刀…」

と反戦の意志がこめられた歌を口ずさむシーンがあり、この人は決して

自分の刀が戦いに用いられることを望んではいない一人の刀鍛冶なのだ

ということを感じました。

 

ドキュメンタリー映画

 「靖国 -YASUKUNI-」

 監督 李纓 2007年作品

 

 しかし…言っちゃ悪いとは思うんだけど、軍服着たグループが順番にそれ

ぞれお参り?していく様子は観ててなんか面白い。みんな、軍刀やライフル

(モデルガンだと思うけど…)持って参拝しているんですけど、あそこでは

銃刀法はどうなってんだ? ねえ、お巡りさん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

ほらほら、あの家ですよ

東京の話の続きです。

 東京にいったついでに某パリーグ球団の地元に存在する、ある家を訪ねて

きました。

 駅の西口をでて、歩行者専用の細い路地をすすんでいった先にその家は

ひっそりと白い板塀に囲まれて建っていました。

 敷地内の樹も大きくなり、昼間でもちょっと薄暗い感じがしました。

 さて、その家とは

    ・

    ・

    ・

    ・

Juon_2  

 ホラービデオ作品「呪怨」の撮影に使われたハウススタジオです。

 作品のイメージの影響もあるとおもいますが…なんか不気味な感じがします。

Juon2

入口付近です。

  今にも 「あ・あ・あ・あ・あ……」と声が聞こえてきそうです。

  映画がヒットしてた頃は見学?者が多くてガードマンがいたそうですが、

いまは近くの道を通る人すらまばらで… やっぱ不気味です。

 とても住む気にはなれませんねえ、立地条件は駅も近いし、首都圏まで

30分くらいなのですが…

 なんか怖くなってきて、10分くらいで逃げ帰ってきました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧