2008年4月27日 (日)

馬鹿が戦車に乗ってきた(w)

 今日は 陸上自衛隊「久居駐屯地」の設立100周年記念行事が(基地祭

みたいなもんですね。)ありまして、戦車等の体験試乗ができるということで

行ってきました。

 現地に着いたのがお昼前で、ちょうど拠点制圧の訓練展示がはじまる所

でした。

 榴弾砲の号砲(もちろん空砲ですが)で訓練開始、戦車を先頭に攻撃ヘリ

を交えて歩兵部隊が目標の建物に接近し、一気に制圧しました。

 途中、負傷者が出たという設定で救急班が出動する場面もありました。

 迫力満点の訓練展示が終わると、訓練に参加したヘリコプター2機が着陸

した後、いよいよ、体験乗車の時間になりました。戦車、指揮車、高機動車が

ありましたが、やはり一番人気は戦車です。今年は100周年記念ということ

もあってか74式戦車(滋賀の基地からの借り物です。鯱のマークがついて

ます。)が2台投入され、試乗コースもグラウンドの約半分という、大盤振舞い

(去年は200m程の直線を前後進しただけ。)でした。

P1000458 

 戦車の砲塔後部に設置された試乗スペースに10人程が乗って出発です。

 出発する前に一旦、サスペンションが伸びて車高が上がるところなんか

いかにも発進という感じで格好良いです。

 さて、順番が廻ってきたので借り物のヘルメットを被って乗り込みます。

 排気口が近い上、場所がほぼエンジンの真上ということもあり熱気が凄い

です。全員が乗り込み、エンジンをふかすとほぼ会話は不可能の状態に…

 一応、係りの人が出発の合図の後、発進!!

 出発してすぐに外周に出るための左右の切り替えしがあり、身体も振られ

ました。(場所が車両の中心よりずれているので余計に振られます。)

 外周にでると直進コースを加速します。(パワーがあるので結構、急加速

なうえにスピードがでるので後ろに置いてかれそうになりました。)

 再びグラウンドにもどると、今度は、ゆるやかにカーブ(最初の3回くらいは

曲がる位置がつかめず、切り返してしました。)して、乗車位置へ…

 正味、5分ほどでしたがやっぱり戦車、凄かったですね。

 その後は場内の資料施設(明治時代からの資料がありました。名銃として

名高い「三十八式歩兵銃」も展示されてました。)や装備車両等の資料展示

P1000460

(子供が無邪気に戦車に登っている風景がなんか…)等を観ながら、隊員が

出店していた焼きそばを食べつつ、PX(売店です。)で買物して、帰途につき

ました。(ちなみにグラウンドは試乗の戦車がぐるぐる廻っていたので凄い轍

が出来ていました。戻すの大変だなありゃ。)

| | コメント (0) | トラックバック (1)